agaの治療方法について解説します

最近は、若い男性の中にも抜け毛や薄毛で悩んでいる人がいます。抜け毛や薄毛は、様々な原因で起こりますが、生活習慣や食生活の乱れによって頭皮環境が悪くなり、抜けが増えるケースは少なくありません。また、男性ホルモンや遺伝によって薄毛の症状が進んでいる人もいるのです。脱毛症には、様々な種類がありますが、日本人男性の脱毛症で最も多いのが男性型脱毛症です。agaと呼ばれている男性型脱毛症は、進行性の脱毛症であるため、何もせずに放置していると、どんどん症状が進んでしまいます。ですから、抜け毛が増え、髪の生え際や頭頂部の薄さが目立ち始めたら、できるだけ早く専門のクリニックへ行って、医師に診察してもらった方が安心なのです。専門のクリニックでは、メールでの無料カウンセリングや、クリニックでの無料カウンセリングを行っており、多くの男性が悩みを相談しています。

男性型脱毛症の症状はどのような症状か

男性型脱毛症は、頭頂部や生え際の毛が徐々に薄くなっていくのが特徴の脱毛症です。人間の髪の毛は、毛周期によって成長しては抜けていくというパターンを、日々繰り返しています。成長期は長く、成長期の間に髪の毛は長く伸びて丈夫になります。成長期は、毛包も長くなって、皮下組織の奥まで伸びているので、しっかりと根付いているのです。成長期が終わると、退行期に入ります。退行期に入ると、髪の毛が抜け初めます。そして、2か月から4か月ほど休止期が続き、新しい髪の毛が生えてくるのです。毛周期が正常なら、男性型脱毛症を発症することはないのですが、様々な理由により毛周期が乱れてしまうと、薄毛の症状が出てくるのです。昔は、M字型脱毛症といえば、白人に多い脱毛症だったのですが、最近は日本人もM字型脱毛症で悩んでいる人が多くなっています。

男性型脱毛症の治療方法について

現在、aga専門クリニックは日本全国にあり、数も豊富です。aga専門クリニックの多くが、薬物治療を取り入れています。薬物治療には、外用薬による治療と、内服薬による治療があります。昔は、圧倒的に育毛剤などの外用薬を使った治療が主流でした。しかし、現在は、評判が良い内服薬が開発されたこともあり、内服薬を使った治療を希望する患者が増えています。また、技術の進歩により、新しい治療方法が次々と開発されています。そのひとつが植毛です。植毛とは、髪の毛が抜けて薄くなってしまっている部位に、健康な髪の毛を移植する方法です。自分の髪の毛を使う自毛植毛は、植毛後の仕上がりが自然なので、植毛だと気づかれる心配がありません。一生自分の髪の毛が生えてくるため、幅広い年齢層の男性が自毛植毛の治療を受けています。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし