agaが発症してしまう原因についてまとめました

いろんな事情が取り沙汰されてきました。ストレスはもちろん、運動不足からくる血流低下、不摂生からくる悪循環など、代表的な薄毛になる事情になっています。しかし研究により、ひとつのホルモンが注目を集めることになりました。それは男性ホルモンです。すべての男性ホルモンではありませんが、特にジヒドロテストステロンが薄毛の症状になることがわかってきました。このホルモンは男性ホルモンであるテストステロンと酵素が結び付き産生されるホルモンです。それによって起きる薄毛のことをagaと呼んでいます。主に男性が該当する症状です。しかし女性のなかにも微量ですが存在していることがわかっています。ただその産生を抑えることができることがわかり、画期的な医薬品が登場しました。

男性ホルモンとの向き合い方によって回復できる可能性

agaというのは男性ホルモンであるジヒドロテストステロンによって引き起こされる薄毛の現象です。他にも薄毛になる原因はいくつかありますが、特に男性ホルモンによる影響であれば、回復方法があります。それはプロペシアとミノキシジルです。プロペシアは主に原因となっている男性ホルモンのジヒドロテストステロンの産生を防ぐ目的で使われます。1日1錠服用するだけで良い治療になりますので、多くの人が行いやすい方法です。またミノキシジルは失った頭髪の本数を増やす発毛剤になっています。主に男性ホルモンによる薄毛の治療方法は、この2つの医薬品によって対処することが可能です。ただしプロペシアは男性にしか使えない医薬品です。女性は女性自身が持つホルモンの分泌を高めることによって対処することが多いです。

他にもある誰にも当て嵌まる薄毛の原因

agaは主に男性ホルモンによって引き起こされる薄毛の現象になりますが、他にも原因があります。主に多くの人に当て嵌まるのが壮年性の薄毛です。歳を取ることによって薄毛になるタイプです。最近の研究結果では、あるたんぱく質が失われることによって薄毛が起きることがわかってきました。そのたんぱく質を補うことによって、歳を取ることによって失われる頭髪を予防できる可能性があります。どちらにしてもどんな影響によって薄毛になっているのかを特定しなければ、万全な対策を立てることができません。そのために必要なのが医療機関を受診することです。主に薄毛専門のクリニックであれば、精度が高い診察をしてくれるはずです。原因を特定することができれば、回復の期待を持つことができます。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし