agaの症状や特徴について解説します

もしも男性が薄毛に悩まされた時、その原因をきちんと特定するところから改善の糸口が見えてきます。この原因をうやむやにして全く見当違いの対策やケア、治療を続けている人も少なくなく、こうなってしまうとせっかくのチャンスも水の泡になってしまいます。薄毛をもたらす原因の中でもagaは今最も注目を集めている要因の一つと言えるでしょう。まずはその大きな特徴として頭頂部や額の両サイドから抜け毛や薄毛が進行していくという症状があります。これはこの病気そのものが男性ホルモンとの影響によって引き起こされ、これらの部位がまさにその男性ホルモンによって左右されやすい部だから。そのためもしもこれらの頭頂部や額の両サイドから薄毛が進んでいるように思えたならば病気の発症を意識して取り組み方をきちんと見極めていかねばなりません。

そもそも発症のメカニズムはどうなっているのか?

agaが発症するメカニズムはかなり複雑です。もともとは親からの遺伝などによって発症リスクが高まりますので、主に母方の祖父や男兄弟などに薄毛の人が多いと本人も同様の症状を被る危険性があります。まずは男性ホルモンが体内を巡る中、頭皮付近にある5αリダクターゼという酵素と反応を引き起こしDHTという物質を作りだします。そして毛乳頭が擁しているアンドロゲン受容体と反応して結合するとすぐに頭髪の成長をもたらす栄養分の供給がストップされ、こうやって栄養不足になって細胞分裂が鈍化することから成長期にあった頭髪も退行期になって抜け落ち、それから休止期に陥って生えてこない期間が長く続くこととなります。この状態が放置されていると、次第に毛包そのものが縮小していき、最後には消滅してしまいます。こうなるともう通常の育毛剤などをふりかけても全く効果が出なくなってしまいます。

もしもこの病気を発症していた時に選択すべき治療法とは?

そのためもしも母方の祖父や男兄弟が薄毛症状を伝統的に遺伝させているようであれば、本人もやがて発症することを覚悟して、早め早めに治療法に着手するのが望ましいでしょう。まずは一般的なクリニックでも飲み薬や塗り薬の処方は行えますが、しかし専門的な見地からの治療になるとaga治療専門病院などを受診するのが最適です。これらの医師の診療を受け、触診や問診によって状態を確認してもらい、さらには遺伝子検査や血液検査を実施。これによって病気の発症の有無がわかります。こうやって発症が特定されると、まずは飲み薬のプロペシアと塗り薬のミノキシジルを用いて頭髪の成長サイクルを改善させた上で頭皮の毛細血管を拡張させて栄養分が過不足なく行き渡る状態を作り上げます。このように頭皮の環境を整えていくことによって失われた頭髪は健康的に復活を始めるのです。

池袋駅より徒歩1分の場所にあるAGA治療専門のクリニックです。 池袋AGAクリニックは、複数の薬を組み合わせた治療で発毛を促します。 額の生え際が後退してきたなと感じたらAGAかもしれません!ヘアサイクルが短く、髪の毛が太く長く育たないのがagaの特徴です。 ミノキシジルタブレットは飲む育毛剤です。 思春期を過ぎてから髪が薄くなってきたと感じたら、AGAかもしれません。 aga治療のことなら当院にご相談ください!

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし